1917

『1917』を観た。『1917』を観ろ。 

  • 本作のオープンワールドゲームっぽさの正体はその時空圧縮感にある。ゲームプレイングの制約からくる、人々の動作は現実のまま時間の経過と地理的距離を圧縮する方法が、全編ワンカットの制約から生じている。同じく視点のリアルタイム性を強調する『ダンケルク』が時間軸の異なる3つの視点をシャッフルしてこの時空圧縮の違和感を隠蔽したのに対して、後に出てきた本作のこのド直球勝負、熱すぎる
  • エクーストで家に隠れるところのステルスゲームっぽさはなんか笑ってしまった。
  • コリン・ファースマーク・ストロング、ベネディクト・カンパーバッチのセーブポイントっぽさがすごい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です